フルカラーLEDコンサートライトの素晴らしさを、アニソン・ゲーソン・特撮・声優さん・ボカロなど、全てのアキバソングに普及していこうと目指しております。
2011/12«│ 2012/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/02
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:06:31
室温19度
先日の続きです。秋月でこんなテスターを買ってきました。照度も計れて温度もプローブ付きにできるスグレモノです。

まずは照度からテストします。
実験装置w
シナモンさんきらきら工房さんよろしく計測部より10cmでそれぞれ計測します。本体の上部の白い所が計測部です。
なんで同じ時期に同じ様な事を3者がやっている件について・・・それは連絡を取り合って、「明日の為にその1!まずはジャブをね」てな感じでいろいろやっているからに決まってんじゃんみたいな的な、的なみたいな・・・たぶんエコブレが1番暗いと思われwwwしかし・・・なぜ???みんな金尺を使っているのか・・・そこは打ち合わせていないのにwww

白43ルクス

部屋を真っ暗にして0ルクスの状態で計測しています。
実際の会場では人の目の前10センチなんてシチュエーションは、まず無いでしょうし、真っ暗の会場も、まず無いですよね、つまりこの照度以下で人の目に見える明るさが実際に体感する明るさなのですよ。
なので、こちらでは10cm離した計測のみご報告致しますね。
理論的に1番明るい白は43ルクスでした。雪歩さん・・・怖く無いですからね?

黄27ルクス
亜美ーーーーー、真美ーーーーーーーー!!
黄色は27ルクスだぞぉ!遊んでないでチョット手伝ってくれなイカ?

青49ルクス
青は49ルクスです。
千早・・・&・・・奈々さまあああああぁぁぁぁぁああああ↓↑

赤8ルクス
赤は・・・8ルクス・・・春香ーー!
赤はもともと照度が低いのだが・・・ちょっとツマズキ、欠点だなw

カーマイン17ルクス
発色が最もむつかしいカーマインは17ルクスね、それ以上は秘密ね・・・そうだろ貴音?


緑60ルクス
律子P!緑は60ルクスですよ、60!赤とカーマインの後だからより明るく感じるが・・・チョット明るすぐるカナ?

浅葱81ルクス
そして大好きな浅葱色!なんと意外にも81ルクスも出てる・・・体感では緑の方が明るく見えるのに意外だな・・・さっきの赤だってたったの8だが見た目は赤くちゃんと見える・・・なんかむつかしいな人の目って、そうは思わないか?響とミクは?

若草64ルクス
おーーーーーーーい!あふぅってこんなとこで寝てないで若草は64ルクスってお知らせしないと、こらこら!美希!

オレンジ11ルクス
はいはい、元気いっぱいオレンジは11ルクスね赤系統なのでルクスは低めね、やよいはわかっているか?

ピンク15ルクス

にひひ、ピンクは15ルクスですよ。伊織・・・王国民もね!にひひ・・・

紫46ルクス

あらぁ~紫はいくつかしらぁ???       あずささん・・・46ですよ(小声でw) 
 そうそう・・・一部の寿の美菜子ファンの皆様も忘れてはいけませんね

ブラック22ルクス
真も絶対に発色させたいので、ブラックライトのイメージで調整したんだったよな。
あってよかった真のブラックは22ルクス!


白の温度22.5度
写真では白く光って見えづらいですが、発光部のLEDに直接温度を感知するプローブを当てて15分程放置しました。
理論的に1番明るい白の場合22、5度で安定(室温19度)
手で直接触っても全く温度は感じません、これは流れている電流が少ないのと、特製のヒートシンクが熱を逃がしてくれているからと考えられます。

浅葱色の温度25.0度
1番ルクスが高かった浅葱色でも同じように15分放置してみて結果25、0度でした。

つまり室温より最高で6度UPってことですね。
真夏のLIVEで室温が30~35度になっても殆ど影響がない程度ってことですね。
さらにLEDは剥き出しでなくパイプの中に入っていて外からは直接光源を見えない状態ですから迷惑にならずに安全に使用できます。


フルカラーLEDライトの基準は私も今後まとめてみようと思いますが、フルカラーLEDに限らず、コンサートでの応援方法や応援グッズは使う人、観客のモラルが問われている時代になったと思います。
もし自分が演者になったら?その気持ちを考えて応援すればそこが、やり過ぎかどうかのボーダーラインのような気がします。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。